「RYKER」フルレザーカメラバッグシリーズ

 

 

(Analog Insightsさんから Ryker M のレビューをいただき、詳しくはこちら。)

 

Ryker シリーズのご購入はこちらを「クリック」してください。

 

 

Ryker穿搭

 

 

シンプルこそ
どんなコーデにも合う

 

 

「毎日 Ryker を持って出かけたい。」

 

2010 年初代目の Ryker カメラバッグが開発され、当時は「カメラバッグに見えない」 というコンセプトで、毎日使えるようなバッグを作り出しました。

 

最新の Ryker は、皆様がお馴染みの初代目の Ryker と似ている外見で、さらに日常に使用しやすくなるバッグです。

 

 

 

Ryker裝載

 

 

シンプルこそ
使いやすい

 

 

「カメラバッグはカメラ専用ではない。」

 

Ryker Ryker はカメラバッグがある「360 度防振クッション」と「ベルクロの間仕切り」二つの機能があるほかに、生活面の機能もたくさん持っています。

出かけるとき、バッグ背面のループを利用して、Ryker をスーツケースに載せます。ファスナー付きの蓋を閉めると、雨や風や雪などを遮断し、ホコリが入りにくくなります。また、ヴォータンクラフトのインナーモジュールと一緒に利用すると、バッグの中の小物がスッキリ片付くことができます。

シンプルな外見ですが、機能性が充実しています。

 

 

Ryker使用示意

 

 

 

Ryker シリーズのご購入はこちらを「クリック」してください。

 

 

 

Ryker養皮

 

 

シンプルこそ
使うほどキレイになる

 

 

「革の経年変化でこんなにキレイになります。」

 

Ryker は国際高級ブランドも使用している Pebble-grain 本革を採用しております。丈夫で耐久性が高いし、柔らかくて触り心地が良いです。また、エイジング効果があり、使うほど、本革の色が深くツヤツヤになります。使用習慣によりそろぞれの色とグラデーションが違いますので、一つ一つの Ryker が唯一無二になります。

 

 

 

Ryker工藝

 

 

シンプルこそ
むずかしい

 

 

「Ryker を 1 個作る時間で、キャンバスのバッグを 10 個作られます。」

 

Ryker は pebble-grain 本革や防振クッションやスエードなどの素材を採用しており、これらの素材は伸縮性がありますので、縫う時には、布を伸ばさないように注意しながら縫っていく必要があります。

ヴォータンクラフトの基準を満たすために、職人たちはミシンを巧みに使って、「経験」と「感」で克服します。それで、繊細な美しい Ryker を生み出しました。