「PILOT パイロット」旅行向けカメラバックパック

 

 

容量 20L - 36L
どんなシーンでも活躍できる。

 

通勤から撮影、旅行、キャンプまで、適用のサイズや機能などはそれぞれ違います。もし一つのバッグで、すべてのシーンでも活躍できるならいいですよね。PILOT モジュールバックパックはその答えです。

まずは PILOT 本体の紹介です。

 

 

 

 

PILOT バックパックは、アウターモジュールなしの状態で、15インチノートパソコンとフルサイズカメラ本体 2 台とレンズ 5 本が入る 20L の大容量があります。普段通勤のときに背負っても大丈夫です。撮影に行くとき、本体 2 台とレンズ 5 本の収納力に、7つの多機能ポケットがありますので楽々で出かけます。

 

 

 

 

「背負い心地もバッチリ!」

 

デザイナーの Albert は、バッグ内層にある防振クッションの硬さを利用して、人間の背中の形に合わせてすごく背負い心地がよいこの PILOT カメラバックパックを作りました。

さらに、背負っているとき、肩に食い込み痛くならないようにストラップの広さを調整して、肩への負担を最小限に減らしています。

 

 

 

 

 

 

カメラ一秒で構える

 

バッグの両サイドから、メイン収納にアクセス可能な L 字チャックがあります。片方背負ったままでカメラを快速に取り出し可能です。

 

 

 

PEAK DESIGN キャプチャーに対応可能です。

 

 

 

 

MOLLY スタイル

「モジュールポーチを利用して、20 - 36 リットル自由調節可能。」

 

PILOT バックパックは、収納力、機能、背負い心地に優れていて、そのままでもいいバッグと考えられますが、デザイナーの Albert はそれに満足していません。

「一つのバッグで様々なシーンで活躍できるバッグがほしい。」と考え、ついにアウターモジュールシステムを導入し、三つのオプションポーチを作りました。PILOT の本体と自由に組み合わせるので、さらに使いやすくなります。

 

 

下記はいくつの利用シーンによる装着例を紹介します。(モジュールポーチは別売り)

 

 

撮影旅行:21L & 28.5L

 

① PILOT バックパック 20L+Fighter 01アクセサリーポーチ 1L

 

 

 

② PILOT バックパック 20L+Fighter 01アクセサリーポーチ 1L +Fighter 03ライダーポーチ 7.5L

 

撮影旅行するとき、メイン収納にカメラ機材を入れて、モジュールポーチに着替えの服などが入ります。ユーザーのニーズに合わせて調節可能です。

 

 

キャンピング&旅行:36L

 

PILOT バックパック 20L+Fighter 01 アクセサリーポーチ 1L +Fighter 02 収納ポーチ 7.5L +Fighter 03 ライダーポーチ 7.5L

 

モジュールポーチをすべて装着して、どんなアウトドアイベント/旅行でも活躍できます。

 

 

 

 

「ポーチはアクセサリーだけでなく主役でもあります。」

 

すべてのアクセサリーポーチは単独使用可能です。

 

 

 

 

 

旅行途中にいつでも「自由に変換できる」という特徴はこのバッグの魅力です。

 

今回 PILOT バックパックのために作った三つのポーチだけでなく、前回 PILOT スリングバッグのために作ったポーチも使えます。

 

 

 

 

バッグフロントにある「フロントモジュールパネル」は、バッグ本体との間に専用のポーチを装着して、容量を 7.5 リットルアップします。

 

 

 

 

 

 

ノーリミットこそ、自由。

 

「快適な背負い心地や機能性を確保し、使い方はあなた次第です。」

 

皆様そういう経験があると思いますが、バッグ中に固定されているポケットには、ちゃんと何モノを入れると決まってデザインされていますので、それ以外のモノが入らないか使いにくいです。

PILOT バックパックは、スペース効率を追求し、モジュールシステムを導入し、モジュールを自分で配置してより多くのシーズで活躍することができます。WOTANCRAFTは、「バッグの使い方」をお客様に任し、それで自分専用のバッグになると信じています。

新しい使い方がありましたら、ぜひFACEBOOKのファンページで皆さんとシェアしてください。

 

FACEBOOK グループはこちらへ

 

 

 

 

 

EDC 達人 PIOTR さんが考えた使い方

 

 

 

 

ワックスコーティングCORDURA Ⓡ キャンバス

 

 

 

「撥水機能、耐摩耗、軽量化に優れる CORDURA Ⓡ キャンバス。」

 

綿布の耐久性とスタイリッシュが好きなので、WOTANCRAFT 創業初期に綿布生地でカメラバッグを作っていました。しかし、綿布生地が厚くて重くて、長時間の撮影には肩への負担が大きいというデメリットがあります。

そのため、耐摩耗、軽量化に優れる CORDURA Ⓡ キャンバスを切り替えるとき、ワックスコーティングして綿布の質を再現しました。

また、表面にワックスコーティングがされているので、使用時間によりだんだん白い横線の「ワックス痕跡」が出てきます。デニムの「色落ち」ような効果があり、さらにビンテージ感が溢れてきて、色落ちを楽しめます。

 

CORDURA の詳しくはこちら

 

 

 

 

これは、WOTANCRAFT

 

「こんなスタイルの商品は WOTANCRAFT しかない。」というのが目標です。

 

WOTANCRAFT は「自分好みのスタイル」というコンセプトで製品を作っています。腕時計ベルト、カメラバッグ、日常用バッグなどすべて自分が使いたいもの、毎日に使っているものです。

ここ十年間、うちらが熱中している「冒険、撮影、ビンテージ、ミリタリー」などのキーワードでたくさんの製品を作って、それらの製品を通って言葉では表せない頭の中のイメージを伝えています。

 

 

 

 

さらに詳しいスペックや写真は下記のアイコンをクリックして商品ページをご覧ください。